ヘルペス治療時はキスやタオルの共有に注意

2019年08月26日
ウィルス

ヘルペスを治療している時には、いくつか注意しなければいけないことがあります。
ヘルペスの感染経路は直接的なものと間接的なものがあるため、完治しない限りは十分に注意をしておく必要があるのです。
特に口唇ヘルペスは人から人にうつりやすいものなので、感染する確率が上がってしまう物を共有することは避けたほうが良いといえます。

直接的な感染経路としてはヘルペスに感染している人とキスをしたり、性行為をすることがあります。
また、親子間で頬ずりや口移しなども感染の原因になりやすいです。
もし、すでにヘルペスの症状が出ている状態ですと感染力が非常に高まっています。
そのため、こういった直接的な接触をするのは治療中は避けたほうが良いです。

間接的な感染経路には、ヘルペスが感染している人が使った物を触るなどすることがあります。
例えば、一緒に暮らしている家族の場合、いろいろな物を家の中で共有しています。
食器やタオル、ヘルペスの症状が出ている部分に触れた手で触れてしまうと、その人までうつる可能性が出てくるのです。
また、飲み物を回し飲みする時もありますが、ヘルペスの完治がわかるまでは回し飲みもやめておきましょう。
感染者の触れた部分に触れることで、次々と回し飲みした人にうつるのでどんどん感染被害が拡大してしまいます。

ただ、ヘルペスも菌がただ皮膚の表面についただけであれば、感染することはないのです。
問題はその触れた皮膚の部分のバリア機能が低下している状態の時です。
湿疹や傷、アトピーの炎症などが起きている部分に菌が触れてしまうと、ちょっとした接触でうつってしまいます。
間接的な感染経路はタオルなどだけではなく、家の外にもあります。
ヘルペスの感染者が自分の患部に触れた手をきちんと洗わず、壁や何かの物に触れてしまうと、そこには菌がたくさんついています。

もちろん、必要以上に感染について心配する必要はありません。
しかし、気をつける事を意識しているだけでも感染の予防にはつながります。

家族やパートナーへの感染には注意

ヘルペスは、感染したとしてもすぐに発症するものではありません。
口唇ヘルペスは3日間から7日間ほど、性器ヘルペスは2日間から10日間ほどの潜伏期間があります。
どれくらいで実際に症状が出てくるかということは、個人差があります。
潜伏期間というくらいなので、潜伏している間の自覚症状はほとんどありません。
また、人に感染するのは感染者の症状が発症している場合なので、潜伏期間中に誰かにうつるという可能性は低いです。
そのため、その間にキスなどをしたからといって相手も感染しているとは限りません。

家族の場合は特に一緒に過ごす時間が長いので、もしヘルペスに感染していることがわかった時に共用タオルを使うのはやめ自分専用でタオルを別に用意して使用するほうが良いです。
また、ヘルペスの患部にはなるべく舐めたり、触れたりしないようにしましょう。
もし触れてしまった時は、必ず石鹸で手を洗い、もし可能であればアルコール消毒をしておくほうが良いです。
かさぶたができてしまえば、後は完治までもうすぐです。
かさぶたをはがさないように気をつけて完治まで過ごすのがいいです。

性器ヘルペスの場合は、その70%がヘルペス患者との性行為によるものです。
ヘルペス菌が入り込んできても自覚がすぐに出るわけではなく、症状を感じないままの場合もあります。
そういったヘルペス患者が自覚しないまま、性行為を持った結果、相手にもうつしてしまうケースが少なくありません。
ヘルペス菌は一度体内に入り込むと、完全に消滅させることは今の技術では難しいといわれています。
そのため、免疫力が下がった時などには何度でも症状があらわれます。
薬は、あくまでも症状を抑制するものなのです。
ですから、できるだけ誰かにうつさないように気をつけるようにしましょう。

関連記事
怖い!カンジダ症の原因は体内に潜んでいる

性器周辺にかゆみが出たり、おりものが増えるなどの症状が出てしまったらカンジダ症の可能性があります。この病気は性行為によって感染することもありますが、実際には性行為による感染は全体の1割未満と言われています。もちろん患者と性行為をすれば感染のリスクは高まります。カンジダ症の原因となるカンジダ菌は、常に...

2019年09月26日
ヘルペスより感染者数の多い性病クラミジア感染症

性器クラミジア感染症は他の性感染症、例えば性器ヘルペス感染症や、性器淋菌感染症、HIVなどと比べると、日本だけでなく世界中で見ても感染者数が一番多いと言われている疾患です。この病気は原因となる細菌の一種のクラミジア・トラコマチスが粘膜に感染して起こります。感染する場所としては性器は勿論、膀胱や尿道な...

2019年08月30日
ヘルペス治療薬のバルトレックスジェネリックのセントレックス

ヘルペスは意外と多くの方がかかっています。一度なるとその菌は身体の中にあり、免疫力が落ちていると発症してしまいます。口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどがあります。性器ヘルペスは性行為などでも感染してしまいますので、自分がなっている時にはパートナーと治療をすることが大事です。ちなみにヘルペスは病院で薬を処...

2019年08月24日
ヘルペスの原因と完治するまでの期間

ヘルペスはウイルスの感染が原因であり、症状が治まっても完全に人の体の中からいなくなるのではなく、体内に住み続けることが特徴です。ウイルスの種類は主に8種類あって、中でも単純ヘルペスウイルスの1型と2型、水痘や帯状疱疹を起こすウイルスに感染することが多くなっています。唇に症状が現れやすい1型、性器に現...

2019年08月21日